私が看護師を志望した動機は、看護師さん達が患者さんという弱い立場の人たちに寄り添って、弱くなってしまった心のケアまでもしている様子を間近で見たと言うことが理由になっています。

私も、身体が強い方ではありませんが、母が病弱でいつも入院しがちだったので、私もよく病院に付き添っていました。そこで身近に接して優しくしてくれたのが看護師さん達でした。

看護師さん達はいつも優しくて、忙しい中、色々と気を使ってくれました。母と私は、昔に父を亡くしていたので、とても心細かったのですが、看護師さん達のおかげでとても心が落ち着いて治療できたのを覚えています。

こんなにも人に優しくできるなんてすごいなって思いながら、私の夢は看護師になると言うことにだんだんと固まっていました。これが看護師になる志望動機でした。

看護師になる志望動機がハッキリとしていたので、迷うことなく、私は進路を歩んでいきました。母が病気がちだったので、進学は大変な問題でしたが、親戚に援助して貰ったりして、なんとか看護学校を卒業する事も出来ました。本当に感謝です。

これからは、この恩を仕事で返さないと行けませんね。そして、初心を忘れないように、弱っている人に優しくできる看護師になって、役に立ちたいと思っています。少しでも「この看護師さんのおかげで助かった」って思ってもらえるように頑張っていきたいと思います。私は進路に迷わず一直線に夢が叶ってとても幸せだなって思います。






白衣の天使と呼ばれる看護師。小さい女の子の憧れの職業の一つです。そのまま、憧れを強く持って看護師になった人もいるでしょうし、別のきっかけで看護師を志望し、看護師になった人もいるでしょう。ここでは、様々な志望動機で看護師になった人の例を挙げながら、看護師とはどういう仕事で、どういう生き方なのかを考えて見たいと思います。


参考サイト:看護師さんの志望動機や面接、履歴書などのことが解説されています
看護師志望動機例文.biz